2019-07-02(Tue)

書籍『美肌のために、知っておきたい 化粧品成分表示のかんたん読み方手帳』

こんにちは!
美育LABOのゆっきーです。

以前にも書いたような気がするのですが、
私は、昔から活字好きで、
書籍は、面白そうだなぁと思った時が、
私にとっての「買い時」なもので、
ここ数年のうちにも、少しずつ蔵書が増えてきております。

そんな中の一冊に、“化粧品の成分を学びたい!”という方に
お勧めしたいものがあったので、ご紹介しますね。

発売は2017年9月となっているので、
世に出てから2年近く経っているので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
コレ↓です。



『美肌のために、知っておきたい 化粧品成分表示のかんたん読み方手帳』というタイトルで、
監修者は、久光一誠さん。

まずは、目次を紹介すると、
1章 「化粧品リテラシー」を身につけよう
2章 種類別・スキンケア化粧品の基礎知識
3章 「コスメのプロフィール」を知ろう
4章 スキンケア化粧品は「3つの要素」でできている
5章 化粧品の形を作る「ベース成分」
6章 化粧品の個性となる「機能性成分」
7章 化粧品と肌を守るための「安定化成分」
となっております。

化粧品の全成分を見て、それがどういうものなのかを知る手がかりが学べるような内容で
私の印象としては、各成分に対して、客観的に、中立的に書かれているように感じており、
著者の方から、「ちゃんと知ったうえで、自分の肌に合うものが分かるようになろうよ!」と
おっしゃられているように思いました。

化粧品成分の知識の読み物としても面白いと思いますし、
各アイテムがどのような役割の成分で構成されているのかも分かるし
代表的な化粧品成分の詳細なども書かれているので、辞書的な使い方もできるでしょう!

簡単な化粧品化学の知識があれば、より分かりやすいと思いますが
化学は中学生の頃から苦手だったという方でも、さほど苦も無く読めると思うので
化粧品の全成分を読み解きたい方には、おすすめの1冊です。

化粧品の企画に携わる方には、
いい化粧品、納得できる化粧品づくりのために
先日紹介した美里所長さんの『化粧品の基礎知識』とセットで
ぜひぜひお手元に置いて欲しいと願う美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 美容ブログへ ブログランキング参加中!
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里所長さんブログ
m_blog_bana_off.gif

美育Laboのウェブサイト
link_bana01.gif

スポンサーサイト



2019-06-20(Thu)

UVケアの主剤、酸化チタン・酸化亜鉛の働きは? 書籍『コスメの真実・裏側』より

こんにちは。
美育LABOのゆっきーです。

さて、前回、書籍『コスメの真実・裏側』のことに触れましたが、
その中から、1話紹介してみますね。


どれにしようか迷ったのですが、今の季節は手放せない日焼け止めに関係するお話などはいかがでしょう?
2090620.jpg

18 UVケアの主剤、酸化チタン・酸化亜鉛の働きは?

(日焼け止めのトラブルや日焼け止めと関係深いシリコンなどに関して書かれた後のお話です。。。)

ここ3回程で日焼け止めに関連するお話をしてきました。
そして、きっと皆さんは
「紫外線吸収剤は使用してない商品がいい。」
と思っていらっしゃるでしょう。

そこで、その日焼け止めのまとめともなります、紫外線反射剤(紫外線散乱剤)の「酸化チタン」「酸化亜鉛」についてお話しましょう。

ノンケミ”(ノンケミカル)と言われる日焼け止めアイテムには
必ずこれらの素材が使われいていますし、
もうこれがなければ市場のほとんどの日焼け止めは消滅してしまうという位、
今では大変重要な素材となりましたね。

もちろん、皆さん注目の素材である事は言うまでもありません。

では、ここでいまさら何を学ぶのでしょうか?

う~ん・・・なんのお話からしましょうかねぇ(笑)
いえ・・・実は相当に裏が隠されている素材だという事なんですね。

「でも、表示されている成分名はどの製品も一緒だし、配合量だけの問題だよね???」

いえいえ、ここに多くの裏が隠されていると言って良いのです。

「この素材は粉成分でできている事くらいは知っているし、それを液に配合さえすれば紫外線を反射してくれるはず・・・」

きっと皆さんの認識はこんな感じで、
もしもその粉さえ入手できれば、「簡単に何かに混ぜて作れてしまえそう。」と思われているかもしれません。

実際、某手作り化粧品材料のショップサイトでは、
この素材をシアバターなどに練りこんで作るというレシピを公開して販売してるようです。(2008年当時、2019年現在は不明)

これはとんでもない事だという事も含めて、お話に入っていきましょう。

まずはいつも通り、素材の基本的なお話に触れておきましょう。

酸化チタンや酸化亜鉛とは、
非常に目の細かい燐片状の金属質の粉で、
紫外線を化学的に吸収して防ぐ紫外線吸収剤と違って、
鏡のように物理的に紫外線を乱反射させて日焼けからお肌をブロックする素材です。

おわり(笑)

まぁ、物理的な機能を活用しているのですから、説明は簡単です。

ところで、皆さんはこの酸化チタンや酸化亜鉛のツブが、どの程度の大きさかご存知でしょうか。
このお答えは、実は簡単に出せないというのが正解なのです。

例えば、皆さんビックリされるかもわかりませんが、絵を描く時に使う水性絵の具の白色。

実は、あれがまさに白色顔料である酸化チタンの分散液なのです。

あの絵の具に使われている酸化チタンで、だいたい10ミクロン程度でしょうか。
そして、日焼け止めに実際に使われているモノで、
だいたい1ミクロン(1000ナノ)~200ナノ程度の大きさで、微粒子酸化チタンと呼ばれ
メーカーによってかなりの違いがあります。

メーカーによっては、60ナノというさらに細かい粒子の酸化チタンを採用し、
お肌の上でより白くならない商品も多くなっています。
実は、この微粒子化が白浮きを解決しているんですね。

話は戻りますが、そしてもっとも重要なのは、
この粒子の大きさはもともとの粉の状態でのお話という点です。
これを「一次粒子」といいます。

何が言いたいかというと、皆さんはお好み焼きやホットケーキを作る時に、
小麦粉を水の中に入れるとダマになる経験をお持ちでしょう。
つまり、もともと数ミクロンの細かい粒子の小麦粉が、水に入れると集まって大きな塊になるということ。

実は、酸化チタンや酸化亜鉛も、製剤化する際にこれと同じ現象が起きるのです。
もっとも、お好み焼きの粉は少々目に見える程度のダマが残っていても影響はありませんので、
シャカシャカとやって焼いてしまいます。

しかしながら、日焼け止めはそうはいきませんね。
お肌の上で白いツブツブが残っては困りますし、
それだけでなく当然肝心の紫外線を反射させる表面積が全く変わってしまいますので、
ダマになっていると紫外線ブロック効果は何分の1にも減少してしまいます。

という事で、ここは製造メーカーの製造技術の見せどころという訳です。

「いかに一次粒子に近くまで分散させる事ができるか」

これは、成分名や配合量、そして見た目では判断できない商品の品質に繋がっているんですね。

また、さらに重要なポイントとして覚えておくべきなのが、「二次凝集」という言葉です。

なんだか難しそうな言葉ですが、
ようするに製剤後の年数の経過により、一度一次粒子に近い状態にまで分散させた粉の粒子が、
再びくっつきあって少しずつダマを形成していくという現象です。

これもそれを防ぐための製法、そして製剤研究技術の腕のみせどころポイントとなります。

いずれにしても、あまり怪しげなメーカーの日焼け止め、
そして購入してから日が経った商品は使わないに越した事はないという事ができます。

「昨年の夏に買った日焼け止め、今年の海水浴に使えるかなぁ・・・」

少なくとも、これはお止め下さいね(苦笑)


いかがだったでしょうか?

ちなみに、日焼け止めについては、
美里所長さんが、昨年、記事を書かれていますね。

ご興味のある方は、こちらもどうぞ!

賢く日焼け止めを選ぶ ~その1~

賢く日焼け止めを選ぶ ~その2~

賢く日焼け止めを選ぶ ~その3~

賢く日焼け止めを選ぶ ~最終章~

日焼け止め塗っても気休め程度で、毎年、小麦肌になってしまう美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 美容ブログへ ブログランキング参加中!
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里所長さんブログ
m_blog_bana_off.gif

美育Laboのウェブサイト
link_bana01.gif


2019-04-23(Tue)

『化粧品の基礎知識』レビュー

こんにちは。
美育Loboのゆっきーです。

美里所長さんの書籍の『化粧品の基礎知識』は、
おかげさまで、じわじわっと好評のようです。
(ご購入くださった方、ありがとうございます

私自身も感じていることですが、
今回の書籍は、タイトル通り、『化粧品の基礎知識』を
きちんと化粧品を学びたい人の入門書になるようなテキストです。

この1冊があれば、化粧品の全容を理解するとっかかりになると思います。

そして、化粧品について、さらに深堀したければ、
引用書籍も紹介されているし、
本文中のキーワードをもとに、もっと詳しく学べるものを
自分で探せるようになると思います。

ある化粧品会社の社長さんが、早速読んでくださって
「一番驚いたのが、広範囲を押さえて構成でした。
 手の届かない専門書よりも、
 今、必要な情報や知識がしっかり詰まっていますね。
 読んだ後に、自分の知識としてすぐに役立てられる内容なので、
 この1冊をずっと活用したくなると思いました。
 どうやって、項目を絞ったたのか、順番とか構成とか、
 すごく考えられている気がしました。」

とおっしゃっていただけました。

化粧品を愛する皆様にご活用いただける1冊となりますように。。。

美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 美容ブログへ ブログランキング参加中!
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里所長さんブログ
m_blog_bana_off.gif

美育Laboのウェブサイト
link_bana01.gif

2019-04-01(Mon)

祝・出版!『化粧品の基礎知識』

こんにちは!
美育Laboのアシスタントゆっきーです。

以前、ご紹介した美里所長さんの書籍の件、
よーやく出版されました\(^o^)/

タイトルは、『化粧品の基礎知識』で、
サブタイトルが「皮膚生理からブランド戦略まで」となっており、
化粧品のあれこれが幅広くまとまっている1冊となっています。

<目次>
第1章 化粧品の歴史

第2章 化粧品の科学
 1節 化粧品の定義と規制
 2節 皮膚・頭髪の生理
 3節 化粧品原料
  1項 有機物、および有機化合物原料
  2項 無機物、および無機化合物原料
  3項 機能性用途原料
 4節 化粧品の種類
 5節 化粧品の製造
 6節 化粧品の処方設計
 7節 化粧品の品質試験と安全性

第3章 化粧品のマーケティング
 1節 化粧品の市場概要
 2節 化粧品の産業構造
 3節 化粧品の流通
 4節 化粧品のマーケティング戦略・ブランド戦略
 5節 商品開発戦略、価格戦略
 6節 宣伝販促戦略
 7節 化粧品メーカーの組織と職種
 
第4章 化粧行動と心理
 1節 化粧の心理的効用
 2節 高齢者と化粧


藤田雅夫先生との共著で
ある大学の講義のテキストとして執筆された書籍で、
B5サイズ 約130ページに
基本的なことが幅広くまとめられています。

Amazonに掲載されている内容紹介をそのまま転用させていただくと
「女性にとって化粧品は、日常的に使用する身近な製品である。
ただ、化学製品であり、ファッション製品でもあるという二面性を持ち、
製品群は多岐に渡り、使用目的も様々なため、全体の概要を正しく理解することはなかなか難しい。
本書は、大学、短期大学、専門学校などの高等教育機関における化粧品教育の教科書として使用されることを目的としているが、
自然科学系、社会科学系といった分野に偏らず、専門知識がなくとも、広く学ぶことができるよう平易に解説している。
「化粧品の基礎知識」を理解するための参考図書として、社会人にとっても広く利用できる一書である。」

となっています。

化粧品を勉強したい人の、学びの第一歩となれば嬉しいなぁと思います。

ご興味のある方はぜひ!!



美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 美容ブログへ ブログランキング参加中!
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里所長さんブログ
m_blog_bana_off.gif

美育Laboのウェブサイト
link_bana01.gif


2015-07-17(Fri)

書籍『化粧品成分ガイド』

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

今日は、書籍のご紹介です。

化粧品の成分に興味のある人だったら、
フレグランスジャーナル社が発行している
『化粧品成分ガイド』という書籍をご存知の方もいると思います。

ゆっきーの手元にも10年くらい前に購入した第3版の『化粧品成分ガイド』があります。

化粧品成分ガイド
写真の左側が、約10年の間、愛用してきたもので
成分の特長に関することだけでなく、化粧品の効能の範囲一覧などもよく見るページでした。

そして、写真の右側の書籍は、
今年改版された第6版の化粧品成分ガイドです。

第4版と第5版は、そんなに大きく改定された印象がなかったし、
他にも化粧品成分事典は手元にあったこともあり、
ずーっと第3版を使い続けてきたけれど、
第6版は、書籍のサイズも変わって、紙の種類も変わって、使いやすそうだし、
肝心の中身も第3版と比較すると、充実しているように感じたので
購入してみました。


ちなみに、第5版からの主な改定・増補の内容は、下記のとおりです。

*消費者が自分にぴったりの化粧品を選択するための「本書の上手な活用法」

*昨今の化粧品肌トラブルを踏まえたアレルギー性皮膚炎関連の情報を充実

*使用頻度の高い成分を選出し解説。 ただし、効能効果成分については使用頻度にかかわらず知名度の高いもの、特徴的なものを広く収載

*読者の理解をさらに深めるための成分解説の分類方法を変更。また植物エキス類は収載品目を増やし、抽出部位や効能がひと目でわかる一覧表をプラス

*肌質を知り、自分に合った化粧品や正しいケア法がわかる美容Q&Aが125から142に

専門的な知識がなくても、読みやすい書籍だと思うので
化粧品の成分などにご興味のある方には、
おすすめの1冊だと思います。



美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 美容ブログへ ブログランキング参加中!
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里所長さんブログ
m_blog_bana_off.gif

美育Laboのウェブサイト
link_bana01.gif


2014-11-14(Fri)

エステル油

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

さて、前回、美育Laboの掲示板「美容レスQ」のことを紹介しましたが、
「敏感肌のメイク落とし」という書き込みの返信の中に
“エステル油”というワードが出てきましたね。

一般ユーザーの方には、あまり耳なじみのない言葉だと思うので
『BEAUTY WORD』製品科学用語編 よりご紹介です。

BEAUTY WORD 製品科学用語編BEAUTY WORD 製品科学用語編
(2007/10)
霜川 忠正

商品詳細を見る


<エステル>
アルコールと酸との脱水反応で生じる化合物のこと。
酸の多くはカルボン酸(-COOHであらわされる原子団<基>をもった化合物のこと)です。

<エステル油>
エステルオイルは、酸とアルコールを反応させ
水を分離して生じる有機化合物です。
酸としては、脂肪酸、多塩基酸などが、
アルコールとしては、低級アルコール、高級アルコール、多価アルコール、環状アルコールなどがあります。
それらの組み合わせによるエステルオイルは多数あるが、
化粧品に使用されるエステルオイルは比較的限られたものです。
ちなみに、化粧品原料として最も多く用いられているのは、
高級脂肪酸と高級アルコールのエステルです。
エステル類は、一般に化粧品の油相中に配合することにより、
製品に油ぎった感じを少なくしたり、
また植物油と鉱物油のように混ざり合わない成分の混和剤としても用いられます。
さらに、染料や香料、ビタミン類などの溶剤としても用いられるほか、
湿潤剤、増粘剤、可塑剤、あるいは不透明化剤として広く用いられています。

何だか説明を読むと難しい気がしますが、
例えば、
・イソステアリン酸イソステアリル
・オレイン酸デシル
・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
などの成分名は、見たことはありませんでしょうか!?

効果成分以外の化粧品成分には、
あまり興味のない美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
2014-10-27(Mon)

書籍『美容の解体新書』

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

先週、美容関連の書籍を2冊ほど購入しました。

その1冊がコレ

美容の解体新書―美容家・エステティシャンのための生理・解剖学辞典美容の解体新書―美容家・エステティシャンのための生理・解剖学辞典
(2006/12)
霜川 忠正

商品詳細を見る

<主な内容>
1章ー生理・解剖学の歴史
    「生理解剖学の曙をつくった人々」など2テーマ

2章ー生理解剖の基礎知識
    「ホメオスタシス」「中枢神経と末梢神経」など10テーマ

3章ー人体構成のしくみ
    細胞 「人体の成り立ち」など7テーマ
    組織 「結合組織の分類」など16テーマ
    器官及び系統 「器官及び系統」
    人体の物質的構成 「人体の構成成分」など23テーマ

4章ー各器官系統
    骨格系統 「骨の種類」「関節の種類」など22テーマ
    筋系統 「筋肉収縮のしくみ」「表情筋」など13テーマ
    神経系統 「神経系の働き」「自律神経」など25テーマ
    感覚器系 「皮膚感覚の受容器」など16テーマ
    循環器系 「「血液循環」「リンパ循環」など28テーマ
    内分泌系 「ホルモンの作用」「ホルモンの分類」など12テーマ

パラパラっと中を見たら、生物の教科書を手に取ったような感覚になるようで
生理解剖学辞典というより、生理解剖学テキストというような内容です。

実は、この書籍、
先週開催されていた化粧品展の会場で
ワゴンセール中で、なんと500円でget!
表紙に少しボールペンのインク跡があるものの中はとってもきれい。

ということで、かなりお得な買い物をした気分の
美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
2014-09-11(Thu)

ホワイトニングは通じる!?

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

今日は、この書籍を読んでいて、
へ~っと思った内容のご紹介です。

基礎から応用までよくわかる! 化粧品ハンドブック基礎から応用までよくわかる! 化粧品ハンドブック
(2014/06/02)
高橋 守、 他

商品詳細を見る

「美白」については、
関心度の差はあるものの、興味のある方はとても多いと思います。

さて、その「美白」ですが、
英語というかカタカナ語にすると
「ホワイトニング(Whitening)」と一般的に呼ばれています。

でも、この言葉、欧米では通じると思いますか?

どうやら欧米では、
一般的に「ライトニング(Lightning)」というそうです。

こういう表現の違いは、
分化の違いが垣間見られる気がして、個人的にはとても興味深いです。

美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
2014-08-19(Tue)

美容液の歴史!?

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

コスメのスペシャルケアアイテムといえば“美容液”という方も多いでしょうか!?

さて、その美容液。
いつ頃、「美容液」というカテゴリーが定義されたかご存知でしょうか?

実は、美容液の歴史は、まだ30年くらい。

美容液は、1986年2月の化粧品公正取引協議会で
新たに種別項目に加えられた化粧液のうち、
「化粧水とは異なり、一般に粘性があって内容的に新しいタイプの化粧品であり、
保湿機能とともにクリームや乳液のようなエモリエント機能を持つもの」として定義されました。

そして、1994年には、美容液についても
通産省の化粧品品目別出荷金額調査というのが始まり、
以後その出荷金額は年々増加しているとのこと。


実は、この内容の出典は、この書籍

香粧品製造学―技術と実際香粧品製造学―技術と実際
(2001/08/25)
FRAGRANCE JOURNAL編集部

商品詳細を見る

たまには、美容液の美容効果以外にも目を向けてみると
ちょっと新鮮な気分になりました。

ちなみにこの書籍、出版社のサイトによると
品切れ重版未定とのこと。
読んでみたい方は、県立図書館など大きな図書館を調べれば蔵書しているかもしれません。

美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
2014-07-17(Thu)

書籍紹介『コスメティックサイエンス―化粧品の世界を知る― 』

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

さて、先日、『化粧品ハンドブック』という書籍を購入したとご紹介しましたが、
実は、その時、“よく一緒に買われている商品”だったか、
“この商品を買った人はこんな商品も買っています”というおすすめにのせられ
もう1冊、化粧品関連の書籍を購入しました。

それがコレ

コスメティックサイエンスコスメティックサイエンス
(2014/06/25)
宮澤 三雄、安藤 秀哉 他

商品詳細を見る

先月発売されたばかりの書籍なのですが、どんな内容かというと・・・。

本書は,医薬・理工・農学・生活科学系の大学および各種教育機関で,
化粧品の基礎知識を学ぶ学生を対象としてまとめたものである。
昨今,化粧品原料・開発の現場において,生物の生命現象分野を始点として,
化学構造式の理解や政治経済の動向,さらにパッケージングデザインやファッションの知識にいたるまで,
幅広い教養と豊かな知識が求められている。
このような社会的背景に即応して,化粧品・香粧品の化学的基礎知識をより簡単に,
そして効率よく吸収できるような構成となっている。


詳細目次はこちら
※共立出版さんのサイトで紹介されているページでPDFで開きます

手元に届いたばかりなので、まだパラパラっと中を見ただけですが、
化粧品に関する幅広い分野のことが程よいバランスで網羅されており、
ゆっきー的には、化粧品関係者はもちろん、化粧品をきちんと学びたい一般の方にもおすすめできる1冊です。

ちなみに、先日紹介したもう1冊の方はこちら

基礎から応用までよくわかる! 化粧品ハンドブック基礎から応用までよくわかる! 化粧品ハンドブック
(2014/06/02)
高橋 守、 他

商品詳細を見る


今まで“化粧品”を学びたくてもなかなか参考になるような書籍がありませんでしたが、
各分野の専門家の方たちが、分かりやすく執筆してくださっているこのような書籍は
とても有難いなぁと感じる美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

ちなみに上記の書籍と似たような内容のものとしては、
こんな書籍もありますよ~。

化粧品科学ガイド化粧品科学ガイド
(2010/06/21)
田上八朗、杉林堅次 他

商品詳細を見る


★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
プロフィール

cosmeticweb

Author:cosmeticweb
コスメの研究・開発現場で悪戦苦闘するアシスタント、ゆっき~のあたふた日記。

今日も美里所長はどこに行ったのやら・・・トホホ
でも、鬼のいぬ間に・・・えっへへ~♪
一般には覗く事のできない研究の現場を、チラっとお見せしちゃいま~す。
って、後で怒られたら、どしよ。。。;

美里所長さんのブログ
この≪チガイがワカル!?≫より"専門的なお話の多いアップグレード版"blog
美里所長のブログへリンク
Cosmetic-webへのリンク
美育Laboの運営サイト
コスメティックウェブ
ブログランキング
blogランキングに参加中♪ポチッとクリックで応援してね!
にほんブログ村 美容ブログへ ブログランキング参加中!
過去の記事
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

美育Laboの洗顔
今、注目の「電解還元性イオン水」で作られた洗顔フォーム。
洗顔フォーム
美育Laboの化粧水
電解還元性イオン水と美容成分だけで作られた化粧水
化粧水
化粧品を学ぶ第一歩に!
2019年春、某大学のテキストとして執筆・出版された、美里所長さんの書籍(共著)です。
近い将来は入手困難本!?
所長さんが書きました♪第一話「精製水」のお話だけでもお読みいただけると、お得な気分になるかも!? 
リンク
炭酸ガスパックの企画・製造のパイオニア
炭酸ガスパックならトラストウイングス

シートマスク・チューブ充填などが得意な化粧品OEM工場
化粧品工場エスコ

美しい人を応援するインスクエア化粧品の公式サイト
アンチエジング化粧品ならインスクエア

ニキビ・アンチエイジングなどのフェイシャルが人気のプライベートエステティックサロン
本格ニキビケアならファーレ
Twitter
follow me


美里所長さんのつぶやき